2015年4月1日水曜日

自分が使っているフリー音源をだらだら紹介するだけ

こんにちは!角砂糖です。
今回はちゃんとDTMっぽい内容です。
内容はタイトル通りです。VST必須です。
自分は打ち込みはDomino、VSTはREAPERでやってます。
この記事はどんどん内容が追加されていきます。
今はエレキギターだけですがベースやドラム、シンセ、ピアノ、オーケストラ……、など色々増やしていく予定です。

ではどんな音か聞いてみましょう。
↓大体こんな感じです。宣伝乙。

どうでしょうか。こんなのでいいなら見ていって下さい。
VSTが導入できることを前提に話を進めていくので分からなければ検索
サウンドフォントというものが登場しますが、コレはsfzというVSTで読み込む音源です。
画像多めなので重いかも知れません。
おそらくギター音源が目当ての方が多いんじゃないかな?
ギター音源が一番面倒で分かりにくいです。まあ、頑張りましょう!
では解説スタート!

①エレキギター

コレがなかなか見つからない。フリーでいい音源って思えるものは滅多に出会えません。
↓にまとめて書いておくので全てダウンロードしてください。

 エレキギターのサウンドフォント。
 どうやらエレキギターはこのショボイ音にエフェクトをかけて音作りするらしい。
 下から二番目にあります。

 コレで音を分厚くします。
 【追記】
  上のリンクが本家サイトですがスキャンしたらウイルスでした
  誤検出かもしれませんが、こちらからのダウンロードをオススメします。

 コレで元の綺麗すぎる音を汚くします。コレ使わないと残念になります。

 アンプというよくわからないもの。
 コレでギターの音を作り出します。
 ダウンロードはページの少し下の右側にある「Amp sim pack」という所から行えます。
 自分のOSに合わせてリンクをクリックしてください。
 クリックしてダウンロードページに飛んだら右上の「DOWNLOAD」をクリックしてください。

 キャビネットというよくわからないもの。
 IRというよくわからないものを読み込んで使います。
 サウンドフォントのエフェクター版だと思えばいいでしょう。うん。
 コレでギターの音を派手にします。

 IRというよくわからないもの。
 上の物(NadIR)に読み込んで使います。
 たくさんのフォルダやファイルがありますが使うのは、
  GuitarHacksImpulses.rar
   └JJ Powertube Impulses
      └GuitarHack JJ FRED45-1.wav
 だけです。

全て解凍・インストールしてくださいね。

ではまず「sfz」を読み込んでください。
こんな画面が表示されます。
そしたら左上のMODEのところがPR32になっていることを確認し、
右隣のFILEから「FS Gibson (ry」を読み込みます。拡張子がsf2のファイルですよ。
読み込み長ぇ……。FILEのところに「FS Gibson (ry」が表示されます。これでOKです。
次に「Bass Landscapes」を読み込みます。
こんなのが表示されます。
次に↓の画像通りにいじって下さい。
全部右向きです。ビッタリ合わせなくてもOKです。(そんな誤差聞き取れる人はいないので)
むしろ各自の好みに合わせて調整してください。よくわからない方は変にいじらないように。
次に「TSE 808」を読み込んで下さい。
そして全てMAX
次に「LeGion」を読み込んで下さい。
そして画像通りにいじってください。
ラストです!「NadIR」を読み込んで下さい。
そしてをクリックして「GuitarHack JJ FRED45-1.wav」を読み込みます。

   └JJ Powertube Impulses
      └GuitarHack JJ FRED45-1.wav
音を鳴らしてみてください。多分これでOKです。
上のLEVELのところで音量調整できます。
これで完成です!鳴らしてみましょう!

……、えっ?なんか違う?
そうです。じつはメロディを演奏しない方のギターは左右に配置されていることが多いのです。
もう一個トラックを追加して今までと同じように設定。
パンはMIDI側からの設定ではなく、「NadIR」側から↓のように設定します。
上のROUTINGをMono→Stereoに設定し、下のPANNINGをいじります。
一個目のトラックは左、二個目は右に設定して完了です。
二個目のトラックを一個目より若干遅らせることで左右別々に聞こえます。
ずらさずに打ち込むとモノラルにしか聞こえません。

ここからは打ち込みの解説です。
このギター音源は「Velocity」によって音色が変わります。
Dominoでは↓の画像の部分です。
0-45 モンってなるやつ
46-70 弱め
71-95 中ぐらい
96-127 強め

はい、分かりにくい表現でごめんなさい。
実際に鳴らして確かめるのが一番です。

次に鳴らしてみて気づくと思いますが、リリースが長いです。
これはMIDIの「Release Time」(CC:072)で調整可能です。
曲のテンポによりますが、自分は-16に設定しています。
あとは好きに打ち込んじゃってください。
あとはVSTのツマミを好きにいじって曲にあったギター音色を作って下さいね。
おしまい。

ここから先は関係ないお話です。
この音源どうでしょうか。ギター音源は正直フリーだと残念な物が多いです。
最初にKMG7というよさ気なフリー音源を見つけたのですが、これはKontaktという有料のソフトが無いと使えません。
どうにかフリーでやりたい!ということで試行錯誤した結果これにたどり着きました。
結果KMG7より自分の好みにあった音源になったので良かったです。
他にもこんなフリー音源あったよ!という方は是非コメントで教えてください。
ちなみにKontaktには「Kontakt Player」というフリー版もあるのですが15分しか使えないという制限があるので、打ち込んでいる途中で音が止まってイライラして集中できないので使い物になりません。

0 件のコメント:

コメントを投稿