2015年11月2日月曜日

WAVE→FLACにエンコード(細かいオプションも解説)

バッチファイルを公開しました。
以下のリンクからどうぞ。
http://0yendtm.blogspot.jp/2015/11/d.html

最初に

初心者でもわかりやすく、且つシンプルにまとめます。
なるべく圧縮率を上げられるように解説します。

ダウンロード

 ここの「flac-1.3.1-win.zip」をダウンロードすればよいです。
 バージョンが新しくなっていたらそっちをダウンロードしましょう。

バッチファイルの作成

ダウンロードしたファイルを解凍し、中にある「win32」または「win64」の中にテキストファイルを作成します。

次に以下の設定から好きなものをテキストファイルにコピペしてください。

・圧縮率が最高だけどかなり重い設定
cd /d %~dp0
for %%f in (%*) do flac --best -e -p %%f "%%~dpf%%~nxf"

・圧縮率がほぼ最高で上よりも軽い設定(オススメ)
cd /d %~dp0
for %%f in (%*) do flac --best -e %%f "%%~dpf%%~nxf"

・圧縮率が高くかなり軽い設定
cd /d %~dp0
for %%f in (%*) do flac --best %%f "%%~dpf%%~nxf"

・圧縮率なんてどうでもいい、デフォルトの設定
cd /d %~dp0
for %%f in (%*) do flac %%f "%%~dpf%%~nxf"

最後に拡張子を「.txt」→「.bat」に変更して終了です。

バッチファイルに曲をD&Dするだけで簡単に変換できます。
複数ファイルの同時変換にも対応しています。

もっと上級者向けな情報

自分が使うコマンドについて大雑把に紹介します。

基本

WAVE→FLAC
cd /d %~dp0
for %%f in (%*) do flac %%f "%%~dpf%%~nxf"

FLAC→WAVE
cd /d %~dp0
for %%f in (%*) do flac -d %%f "%%~dpf%%~nxf"

エンコの圧縮率関連

 オプション 解説
--best圧縮率最高(エンコが遅い)
--fast雑魚圧縮(エンコが早い)
-nnには0~8までの数字が入ります(数字が大きいほど圧縮率が高い) 
「-8」は「--best」、「-0」は「--fast」と同じです。
ちなみに指定しなければ「-5」になります。
-e徹底的に圧縮。0.5%サイズが減ります。重いです。
-p若干サイズが減ります。かなり重いです。

特殊な奴

 オプション 解説
--oggOGGにぶち込みます
--sector-alignCD音質(44.1kHzでステレオ)に合わせます。
と言うか、エンコ前にCD音質で保存すればいいので正直必要ないです。 

その他(公式サイト)

公式サイトは英語です。頑張ってください。

0 件のコメント:

コメントを投稿